人工透析室

部署概要

スタッフ総数 23名
腎臓内科医師:3名(常勤:2名、非常勤:1名)
・日本透析医学会専門医・指導医:2名
※日本透析医学会認定医制度 認定施設
看護師:13名
・透析技術認定士:3名
・糖尿病療養士:1名
・透析看護認定看護師:1名
准看護師:2名
臨床工学技士:3名(兼任)
・透析技術認定士:1名
助手:1名
クラーク:1名

人工透析室は、血液透析を中心に腹膜透析・各種血液浄化療法や、緊急時にも対応可能な体制をとっています。外科・整形外科・泌尿器科も併設しているため、検査や手術目的での入院にも対応しています。

フットケア外来や腎臓病教室なども積極的に行っており、月に1度、透析カンファレンスを開催し、全スタッフで患者さまの情報を共有し、より良い『透析治療・看護』に努めています。

開設年:
1989年6月
ベッド数:
総数25床(外来透析室 14床、病棟透析室11床)
最大受け入れ可能数100名
設 備:
詳細は臨床工学科のページへ>>

人工透析室

透析実施時間

月~土曜日 1日2クール  【午前】8:30~ 【午後】13:00~

  • ※夜間透析:行っておりません。
  • ※緊急透析:透析時間以外の緊急血液透析療法及び腹膜透析にも、24時間オンコール体制をとっています。

臨時透析

当院では、旅行・出張・帰省などで、長崎へ来られた患者さまの臨時透析をお受けしています。

臨時透析には、現在透析を受けられている医療機関からの透析条件を含む紹介状が事前に必要となります。詳細につきましてはお早めに、透析室師長までお問い合わせください。

また、ご来院の際には各種保険証・特定疾病療養受療証をご持参ください。

フットケア外来

フットケア外来

現在、糖尿病による神経障害・循環器障害や閉塞性動脈硬化症などが原因で足病変が増加しています。ひどくなると日常生活に支障をきたし、治療は難しくなります。

当院外来維持透析患者さまを対象に足病変の早期発見・予防のため、足観察シートを用い、現在の足の状態を把握しながら、フットケアを行っています。

外来日 毎月第2水曜日 9:00 ~ 17:00

腹膜透析外来

腹膜透析導入から退院後の受診まで、患者さまに関わる腹膜透析の全てを透析室スタッフが把握し治療・看護を行っています。

外来日 毎月第2・3月曜日 13:00 ~ 17:00

腎臓病教室

腎臓病(保存期腎不全)の患者さま・ご家族の方に、『病気の事を詳しく知って頂きたい』『自己管理の支援をしたい』という思いから、腎臓病教室を毎月実施しています。

開催日 毎月第3金曜日 14:00 ~ 15:10

※腎臓の働き・腎不全の治療・食事療法など、詳しい内容や講師については、年間予定表をご参照ください。 

>>健康教室のページへ