看護部長挨拶

看護部長挨拶

聖フランシスコ病院は地域に根ざした病院であり、地域の皆さまに信頼される質の高い医療、看護、介護を提供することを理念としています。

看護師には専門職として豊かな感性と高い倫理性を持って、確かな看護を実践して欲しいと願います。そのためには良い教育環境が必要であり、新人教育、キャリア開発ラダー、院外研修のための充分な予算確保、認定看護師育成、看護管理者育成などへの支援を構築してまいりました。また、看護実践力を高め自律した看護師を育成するために固定チームナーシングを導入して20年が経過し、固定チームナーシング長崎地方会の事務局としても活動しております。

働きやすい職場環境も大切です。超過勤務の削減や有給休暇の取得、勤務体制、職員配置、子育て支援などの課題にも取り組んでおります。

看護職員が、良い職場環境の中で質の高い看護を提供し、地域の皆さまが、良い療養環境の中で安心して治療を受けられるために努力すること、また、他職種の方々とのアサーティブな関係構築で効果的、効率的なチーム医療を提供することが、私の務めであると考えております。看護が楽しいと思える職場で、共に働き、学びたい方々を心よりお待ちしております。

看護部理念

聖フランシスコ病院看護部方針

  • 患者さま、ご家族の権利を尊重し、安全で質の高い看護を提供する。
  • 豊かな人間性を養い、患者さま・ご家族の気持ちに寄り添った看護を提供する。
  • 医師及び他部門との信頼関係をもって協働し、看護職としての役割を果たす。
  • 経済性を踏まえ効果的効率的な看護を提供する。
  • 専門職業人として、キャリア開発に努め自己実現を目指す。