沿革

1945年 3月 男子フランシスコ会が、聖フランシスコ神学校を結核療養所とし浦上第一病院開設
1945年 8月 原子爆弾により壊滅
11月 焼け跡に聖フランシスコ診療所が開かれる
1947年   木造建病舎(25床)を建設
1949年 10月 聖フランシスコ第三会病院童貞会が男子フランシスコ会より移管され、聖フランシスコ病院を開設[診療科目:内科・呼吸器科、病床数75床]
1955年 1月 名称変更:聖フランシスコ療養所
1958年 6月 診療科目変更:内科・呼吸器科・外科
9月 病床数変更:95床
1960年 5月 名称変更:聖フランシスコ病院
7月 病床数変更:105床[結核病床95床、一般病床10床]
1964年 8月 診療科目変更:内科・外科・整形外科・胃腸科・呼吸器科・循環器科・放射線科
病床数変更:128床[結核病床94床、一般病床34床]
1968年 10月 宗教法人聖フランシスコ病院会として改組
看護婦・女子寄宿舎竣工
1970年 2月 新病院竣工
8月 病床数変更:228床[結核病床80床、一般病床148床]
1980年 6月 結核病床廃止
病床数変更:228床[一般病床228床]
1986年 7月 長崎地域第二次救急病院群輪番制病院加入承認
1987年 9月 診療科目変更:内科・外科・呼吸器科・循環器科・消化器科・整形外科・放射線科・呼吸器外科
1988年 4月 人工透析開始
病床数変更:270床
1994年 4月 診療科目追加:泌尿器科
1996年 4月 救急病院告示認定
フランシスコ訪問看護ステーション開設
1998年 8月 ホスピス病棟開始
病床数変更:256床[一般病床256床(緩和ケア14床)]
2000年 4月 指定居宅介護支援事業 フランシスコ ケアプランセンター開設
2001年 4月 医療型療養病床開始
病床数変更:255床[一般病床205床、療養病床50床]
2003年 6月 診療科目追加:リハビリテーション科・心臓血管外科
7月 日本医療機能評価機構 病院機能評価認定
(複合病院種別B:一般・長期療養、認定番号82号)
2004年 11月 女性専門外来診療開始
2005年 12月 亜急性期入院医療管理料 施設基準承認:12床
2006年 2月 オーダリングシステム運用開始
2008年 1月 診療科目廃止:心臓血管外科
2009年 4月 DPC対象病院
5月 病床数変更:220床[一般病床188床(緩和ケア22床、亜急性期12床)、療養病床32床]
2014年 2月 電子カルテシステム運用開始
12月 病床数変更:208床[一般病床176床(緩和ケア22床)、地域包括ケア32床]
2016年 6月 フランシスコ訪問看護ステーション、フランシスコケアプランセンター移転
2018年 6月 日本医療機能評価機構 病院機能評価認定(更新)
(機能種別 一般病院1、認定番号 MB82-4号)
2018年 12月 病床数変更:190床[一般病床159床(緩和ケア34床)、地域包括ケア31床]