入院の費用について

  • 入院中の方は、毎月1日から月末までの1カ月分をとりまとめ、翌月の10日前後に請求書をお届けします。1階会計窓口で発行日より10日以内にお支払ください。
  • 退院の際は、退院当日に入院費用をお支払ください。急な退院の場合は、後日の精算となる場合がございます。
  • 事務処理の都合により、後日追加請求をさせていただくこともありますのでご了承ください。
  • 入院費についてご不明な点などがありましたら、1階会計窓口へお尋ねください。
  • お支払済みの領収書は、所得税の医療控除を申告する時などに必要です。再発行はいたしかねますので大切に保管してください。
  • ※入院費についてのご相談は、医療ソーシャルワーカーが承ります。1階地域連携科まで、お越しください。

DPC/PDPSについて

当院は2009年4月より「DPC/PDPS」対象病院となりました。

従来は、診療行為ごとに治療費を合計して入院医療費を計算する「出来高方式」でした。 「DPC/PDPS」では、患者さまの病気や病状をもとに、手術や処置の治療内容に応じて、厚生労働省が定めた分類(診断群分類)ごとの1日あたりの定額の医療費を基本に、入院医療費を計算する「包括評価方式」となります。

「包括評価方式」は、包括評価部分(投薬、注射、処置、入院料等)と出来高評価部分(手術、麻酔、リハビリ、指導料等)を組み合わせて計算する方法で、以下のようになります。

DPC/PDPSについて