乳がん検診

マンモグラフィ
マンモグラフィ

日本では年間6万人以上の女性が乳がんに罹患し、1万人以上の方が亡くなられています。今後もさらに増加することが予想されています。乳がんは早期に発見すると治る可能性が非常に高くなりますので早期発見・早期治療がとても重要です。このためには定期的な検診を受けていただくことが大切です。

当院では40歳以上の方に問診・視触診・マンモグラフィを行っています。また、30歳代の方には超音波検査による検診も行っています。

マンモグラフィ(乳房エックス線撮影)

乳房の全体像が把握でき、早期の乳がんで見られる微細な石灰化やしこりを発見できます。痛みは多少伴いますが、生理前を避けるとある程度の痛みは軽減されると言われています。

超音波検査(エコー検査)

マンモグラフィで乳腺が濃く写る方(とくに若い方)では、病変の発見が難しい場合があります。超音波検査はこのような方のしこりの発見に威力を発揮します。また、発見されたしこりの内部がよく見えますので、良性が悪性かの判断にも有用です。

当院のマンモグラフィ検診

当院ではマンモグラフィ検診精度管理中央委員会によるマンモグラフィ読影認定医師、撮影認定診療放射線技師、マンモグラフィ施設画像認定においてAランクの認定を取得しています。

検査結果について

検査当日に結果についてご説明します。

ご予約・お問い合わせ