肺がんCT検診

肺がんはがん死亡率の中でも上位を示しており、肺がんの早期発見のため、当院ではCTスキャンを用いた肺がん検診を行っています。

CT検診の利点

CT検診
CTで発見された肺がん

通常のレントゲンでは発見不可能な、非常に早期の肺がんを発見することが可能です。

検査は数分間でできます。(診察はありません。)

また肺がん以外の肺炎・肺気腫・大動脈瘤などの病気の診断も可能です。

検診の費用(税込み料金)5,400円

撮影所要時間  3~5分間程度

人間ドック・企業健診のオプション検査としても可能です。

フィルムが必要な場合は別途料金がかかります。検査は、土曜・日曜・祝日はできません。

CT検診をお勧めしたい方

  • 喫煙者、特に1日20本以上または20年以上吸われている方
    喫煙指数=1日の本数×喫煙年数が400以上の方は要注意
  • 50才以上の方(非喫煙者でも、肺がんの発症が増加)
  • 咳や痰などの症状が続いている方

検査結果について

検査当日は、診察および結果説明はありません。

診断は、長崎大学病院放射線科医師と呼吸器科専門医師による画像のダブルチェックにて判定し、2~3週間後に結果書を郵送します。

結果に異常が認められた方は、精密検査が必要となりますので、呼吸器科の外来受診をお勧めします。その際は保険診療となります。

当院での受診を希望される方は、予約が必要ですので下記までご連絡ください。

お問い合わせ

※午前中は大変混雑しておりますので、午後からお問い合わせください。