高額療養費制度など

高額療養費について

重い病気などで医療費の自己負担額が高額となる場合、家計の負担を軽減できるように、一定の金額(自己負担限度額)を超えた部分が払い戻される高額療養費制度があります。

○対  象:医療費のみ
○対象外:食事、病衣、有料室などの料金

  • ※自己負担限度額は、年齢及び所得に応じて計算式により算出されます。
  • ※1年間(診療月を含めた直近12ヶ月)に3回以上高額療養費の支給を受けている場合は、4回目からは自己負担限度額が変わります。(多数回該当)
  • ※高額療養費の自己負担限度額に達しない場合であっても、同一月内に同一世帯で21,000円以上の自己負担が複数あるときは、これらを合算して自己負担限度額を超えた金額が支給されます。(世帯合算)
  • また、同一人が同一月内に2つ以上の医療機関にかかり、それぞれの自己負担額が21,000円以上ある場合も同様です。(70~74歳の方がいる世帯では算定方法が異なります)

限度額適用認定証について

高額療養費制度では、医療機関より請求された医療費の全額を支払ったうえで申請することにより、自己負担限度額を超えた金額が払い戻しされます。しかし、一時的にせよ多額の費用を立て替えることになるため、経済的に大きな負担となります。

あらかじめ「限度額適用認定証」の交付を受け、医療機関の窓口に提示することで、医療機関ごとにひと月の支払額が自己負担限度額までとなります。

限度額適用認定証の申請手続き
  • 申請に必要なもの:健康保険証・印鑑
  • 申請機関:各保険者
  • ※ 申請機関への手続きと当院への認定書の提示は、入院(受診)した月内に行ってください。
  • ※ 申請した月の初日から適用となります。(遡っての申請はできません)
  • ※ 医療費のみが対象であり、食事、病衣、有料室などの料金は対象となりません。
  • ※ 短期入院の方など自己負担限度額を超えない場合は対象となりません。
限度額適用認定証について

自己負担限度額

70歳未満の方
所得区分 自己負担限度額(月額)
3回目まで 4回目以降
区分ア
(標準報酬月額83万円以上)
252,600円+(医療費-842,000円)×1% 140,100円
区分イ
(標準報酬月額53~79万円)
167,400円+(医療費-558,000円)×1% 93,000円
区分ウ
(標準報酬月額28~50万円)
80,100円+(医療費-267,000円)×1% 44,400円
区分エ
(標準報酬月額26万円以下)
57,600円 44,400円
区分オ
(住民税非課税者等)
35,400円 24,600円
70歳以上の方
所得区分 自己負担限度額(月額) 外来のみ
現役並み所得者 80,100円+(医療費-267,000)×1%
【過去12ヶ月以内で4回目以降は44,400円】
57,600円
一般 57,600円
【過去12ヶ月以内で4回目以降は44,400円】
14,000円
住民税
非課税
低所得Ⅱ 24,600円 8,000円
低所得Ⅰ 15,000円 8,000円
  • ※70歳以上で所得区分が一般、現役並み所得の方は「高齢受給者証」又は「後期高齢者医療被保険者証」を提示する事により自己負担限度額までのお支払いとなります。
  • ※非課税世帯の方が自己負担額を軽減するためには保険者に申請を行い、交付された「限度額適用・標準負担額減額認定証」を当院窓口に提示する必要があります。
お問い合わせ