外来・救急受診のご案内 入院のご案内 交通・アクセス・駐車場 訪問看護ステーション ケアプランセンター

2016年1月15日血液内科臨床研究御協力のお願い

当院は、長崎大学血液内科の関連病院として、大学の先生方や関連病院の先生方に相談し合いながら血液疾患の患者様の診断および治療をおこなっております。また、長崎大学血液内科主催の臨床研究に参加させていただいております。上記の研究は、長崎大学血液内科主催であり、当院も参加させていただくことになりました。

背景

血液疾患は、まれで難治性であることが多い疾患です。単一施設での骨髄系腫瘍患者数が少ないので、治療反応性、生存率など疫学的研究は困難です。長崎県における骨髄系腫瘍患者様の実態を明らかにするため、長崎大学血液内科およびその関連病院の患者のデータベースを構築し、疫学調査を行い、治療反応性や生存率などを調査する必要があります。

対象となる方

2000年1月から2014年12月末までに診断された当院で診断された骨髄系腫瘍患者様

目的・意義

長崎県下の骨髄系腫瘍患者の発生数、治療法、生存率、および死亡数に関するデータを集積し、実臨床における実態を把握するため。

研究方法

対象の患者さんのカルテ情報を利用し、データを収集します。各疾患の発生頻度,予後などについて年1 回集計・解析します。 主要な解析内容は,疾患の発生頻度の年次推移,死亡頻度の解析、および、全生存率の推定です。特に治療ごとの生存期間を解析します。
利用するカルテ情報は、下記のとおりです。

1) 性別 2) 生年月日 3) 診断日 4) FAB分類/ WHO分類に基づいた疾患名
5) 初診時検査データ(検血、LDH、CR、フェリチン、骨髄所見、染色体、遺伝子変異、PNH型血球, WT-1)
6) 治療歴 7) 予後,転帰(+確認日または登録日)

個人情報などの取り扱いについて

データには施設名、年齢、性別を除き、個人を特定する情報(患者氏名、ID、住所など)は含まれません。当院のデータはパスワード管理のCD-ROMに入力され、長崎大学血液内科に提出されます。提出されたデータでは、症例に独自の登録番号が割り振られ、それらによって症例データが長崎大学血液内科のPCに管理されます。今回の解析においては、このデータベースの一部(解析対象症例のみ)がパスワードによって保護されたファイルとして解析担当者(研究分担者)へ提供されます。研究成果は学会や雑誌等で発表されますが、その際も個人を特定する情報は公表いたしません。

本研究の実施期間

平成27年6月8日~平成32年12月31日

研究への疑問点や不参加を希望される場合は、当院の担当者に申しつけください。
研究についての詳細は、リンク先「長崎大学臨床研究センター」のホームページにアクセスし “「患者さんへ”をクリック。「公開しなければならない臨床研究」をクリックし 「血液内科」をクリックしていただけると閲覧できます。

実施組織名、責任者名、連絡先

研究実施医療機関

① 責任者
長崎大学病院血液内科 宮崎 泰司(教授)
お問い合わせ先
長崎大学病院血液内科 波多 智子(准教授)

住所:長崎市坂本1丁目7番1号
電話:095(819)7380  FAX:095(819)7538

② 聖フランシスコ病院
血液内科部長  髙﨑 由美
住所:長崎市小峰町 9-20
電話:095(846)1888  FAX:095(845)7600